映画愛が足りないブログ

映画愛が足りない映画ブログです。

邪願霊(1988年製作の映画)上映時間:49分

Amazon購入ページはこちら

評価【★★★☆☆】3.1/5点満点中

 

監督
 石井てるよし
出演者
 石井一枝
 竹中直人  他…

 

あらすじ

 レポーターの沢木と取材班は、新人アイドル・加藤恵美の新曲「ラヴ・クラフト」のプロモーションをドキュメンタリー番組とするため、作成の舞台裏や関係者への取材をスタートした。

ジャケット写真の撮影中、恵美めがけて天井の照明機材が落下する事故が発生する。またこの日撮影した全ての写真には、恵美の背後に白い人影が写り込んだため撮り直しとなった。

レコーディングでは、歌の途中に女性の声のような奇妙な音が紛れ込んでいることが判明し、新曲の作成は難航する。

総評

 竹中直人がジャケットに大きく出ていますが、ほぼ声の出演のみといっても過言ではなく、最後1分ほどしか登場しませんので、まずはその点をご注意下さい。

 フェイクドキュメンタリー調の映画で、わざわざ吉田照美や水野晴朗が本人約で登場し、あたかも本物かの様に演出されている。

 話自体はよくある怨念系の映画ではあるのですが、怨念が行き過ぎて爆発したりと、結構やりたい放題な作品です。

 最後1分ほど出てくる竹中直人が変顔を長々とやった後、スンとした表情で締められる映画で、そこが何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

グッドフェローズ(1990年製作の映画)上映時間:145分

Amazon購入ページはこちら

評価【★★★★☆】4.0/5点満点中

監督
 マーティン・スコセッシ
出演者
 レイ・リオッタ
 ロバート・デ・ニーロ
 ジョー・ペシ   他…

 

あらすじ

 物心ついた頃からマフィアに憧れていた。やがて念願の”グッドフェローズ”の仲間となり、”強奪”専門のジミー、野心旺盛なチンピラ、トミーと共に犯罪に犯罪を重ねていく。が、麻薬に手を出したことから育ての親、ポーリーに見放され、さらにジミーたちが起こした600万ドル強奪事件を追うCIAの捜査の手もヘンリーに迫る!

総評

 Amazonプライムで終了間際だったので視聴。視聴の日に主演のレイ・リオッタが亡くなるニュースが。

 最後30分の怒涛の展開に頭が追い付かなくなる感覚。そしてこれが事実を基にした作品であるという事が明かされるラスト。約2時間半の長尺ながら、見事というべき作品です。

 「大統領になるよりもギャングになりたかった」という冒頭のセリフが、この映画を印象付けています。
 ギャングを称賛するかのような豪勢な生活の裏に確実に嫌なところを随所に見せつけていき、大金が入る生活ながらも、暗い人生を歩ませていきます。また捕まっても決して裏切らない、仲間達の絆の固さを見せつけていながらも、大金によってその関係性は壊されていく。「グッドフェローズ」だったにも関わらず。

 一人の男の栄光そして破滅までをマーティン・スコセッシが見事に悪い男たちをフルに活用して、コントロールしています。また、すぐカッとなるギャングを演じたジョー・ペシの演技も素晴らしかったです。あの高い声で早口でまくしたてられ、殺しをしているという笑っていいんだか、怖がるべきなのか。

 総じてアメリカ映画協会の選ぶ「ギャング映画名作ランキング」で2位となった作品なだけあり、色褪せない名作です。ギャングになった男の栄光と破滅を見事に表現しています。是非一度ご鑑賞下さい。

22番VS人間の世界(2021年製作の映画)上映時間:6分

視聴はこちらから(ディズニープラス)

評価【★★★☆☆】3.2/5点満点中

監督
 ケビン・ノルティング
出演者
 ティナ・フェイ
 リチャード・アイオアディ
 アリシー・ブラガ   他…

 

あらすじ

 地上に行くことを拒む魂(ソウル)である22番は、5つのニューソウルと徒党を組んで反乱を起こす。人生のきらめきを探している魂を妨害するうちに、次々と22番の仲間たちは地上に降りていく。22番の反乱はどのように終わるのか…。

 

総評

 ディズニー映画「ソウルフル・ワールド」の前日譚となる本作。そのことを知らずに鑑賞しました。地上に降りるためには7つの生きる意味を探してからという設定が面白いです。逆説的に今この作品を視聴している自分たちにも7つある生きる意味があるのではないかと当てはめることができます。嘘つきもきらめきの一つとなり将来政治家になるといわれるなど、ブラックユーモアも。

 総じて人生の生きる意味を考えさせられ、また日常の些細な喜びも”きらめき”になりうると6分で教えてくれる良作です。

 

チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ(2022年製作の映画)上映時間:98分

視聴はこちらから(ディズニープラス)

評価【★★★☆☆】3.5/5点満点中

監督
 アキヴァ・シェイファー
出演者
 ジョン・ムレイニー
 アンディ・サムバーグ
 セス・ローゲン  他…

 

あらすじ

 アニメーションシリーズをきっかけに世界中で大人気を博し、一世を風靡したチップとデール。2人は夢の生活を送っていたが、その栄光は長くは続かなかった・・・。シリーズは突然打ち切られてしまい、その後チップは郊外で保険会社のセールスマンとして勤め、デールはCG手術を受け、懐かしのスター達が集まるノスタルジア・コンベンション・サーキットで働きながら、かつての栄光に思いを馳せていた。輝かしい日々から30年の年月が経ったある日、かつての共演者だった仲間が謎の失踪を遂げる。その友人を救うため、別々の道を歩んでいたチップとデールは、再び“レスキュー・レンジャーズ”になることを決意する―。

 

総評

 メタネタのオンパレード。かつてテレビでやっていた「チップアンドデールの大作戦」(日本ではテレ東でやっていたかな…?)の視聴者にささげるような一作になっています。アニメとCGと実写が組み合わさっており、実は技術力の高さも感じられる作品です。アグリーソニックソニック実写版で予告のみに登場した風変りなソニック)やトランスフォーマーなど他社の作品はもちろん、自社の作品であるピーターパンまでもイジリの対象にしてしまうという事を成し遂げています。

しかし、パロディは盛りだくさんなのですが、それが面白いかというと少し食傷気味になるほどで、ちょっと多すぎたかなという印象です。

 総じて、ディズニーが海賊版をネタにするというのは斬新です。ただパロディネタが多いので、それを楽しめるかどうかで作品の評価が分かれることになるかもしれません。

コンスタンティン(2005年製作の映画)上映時間:121分

Amazon購入ページはこちら

評価【★★★★☆】4.0/5点満点中

監督
 フランシス・ローレンス
出演者
 キアヌ・リーヴス
 レイチェル・ワイズ
 シャイア・ラブーフ  他…

 

あらすじ

 ジョン・コンスタンティンには、普通の人間には見えないものが見える。
末期の肺ガンに冒されてもタバコを吸い続けるヘビースモーカーである彼は、厭世的ですさんだ生活を続けていた。
 生まれたときから備わった「特殊な能力」で、超常現象を専門に扱う変り種の探偵を生業としている。
 普段は誰も気づかない、この世のわずかな空気の乱れを敏感に察知するコンスタンティン。異変はすでに起こりつつあった。
 友人の神父から依頼を受け、悪魔に取り憑かれた少女のもとへ赴いたコンスタンティンは、いつもの悪魔祓いの儀式の途中で、言い知れぬ恐怖を覚える。これまでとは何かが違う・・・。
 長い間保たれてきた天国と地獄のバランスが崩れ去ろうとしている予感。
それを裏付けるようにコンスタンティンの周囲で蠢きだす不気味な出来事の数々。
病魔に冒された現実と、得体の知れない謎を抱え込んだ彼のもとに、アンジェラ・ドッドソン刑事が、自殺した姉妹イザベルの死の真相を探るべく、協力を求めにやってきた。

総評

 たばこが吸いたくなる映画No.1です。肺がんに侵されながらもハードボイルドな主人公をキアヌリーヴスが熱演しています。彼の良いところは、本当にそのキャラクターを演じ切っているところにつきます。彼の徹底した役作りがそうさせるのでしょうか。どんな役をやらせても観客に実在すると信じ込ませてくれます。

 また出てくるガジェットも本作を特徴づける一役を買っています。

「聖水」、「聖なるショットガン」、「魔手」等々自分の中の中二男子が泣いて喜ぶものの多さたるや、そしてその使われた方のスタイリッシュさも含めて、この映画のエンタメ具合をグッと引き上げてくれています。

 総じて、中二心をくすぐる設定と、それを快く熱演してくれているキアヌ・リーヴスこの二つが組み合わさり、絶妙なハーモニーを奏でています。ストーリー自体は単調さも感じられますが、それを越すだけのパワーが設定にあります。禁煙中の方は絶対鑑賞しないことをお勧めします。あー、たばこ吸うか―。

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)上映時間:155分

公式サイトはこちら

評価【★★★★☆】4.0/5点満点中

監督
 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演者
 ティモシー・シャラメ
 レベッカ・ファーガソン
 オスカー・アイザック  他…

 

あらすじ

 全宇宙から命を狙われる、たった一人の青年、ポール・アトレイデス。彼には"未来が視える"能力があった。宇宙帝国の皇帝からの命令で一族と共に、その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる、過酷な<砂の惑星デューン>へと移住するが、実はそれはワナだった!アトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、巨大なサンドワームが襲い来るその星で、ポールは全宇宙のために立ち上がるのだが…

 

フィルマークスよりあらすじ抜粋

filmarks.com


総評

 とにかく美しかったの一言、ティモシーシャラメが大画面で見れる喜びぜひ劇場で楽しんで欲しいです。また出てくるメカデザインが今までの映画になくワクワクする作品です。

 ただ、パート1を原題に付けているだけあり、話として、この一作で完結しているかというと、そういうわけでもなく。話自体は唐突にしかも、「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドなので、そこは150分見てもこれかぁという感じになってしまいます。

 しかしこの映画の見どころは何といってもティモシー・シャラメが美しいというその一言に尽きるでしょう。彼が出てくるところはすべてが絵画のような絵力があり、

出ているだけでこの映画を退屈にさせません。

 総じて、ティモシー・シャラメを見るだけで、元気になれる一作です。世界観は思っているほど、狭いのですがそれでも十分没入感のある絵を作ってくれています。私の言いたいことはただ一つ、早く続編を作ってくれ!

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)上映時間:143分

Amazon購入ページはこちら

評価【★★★★☆】4.5/5点満点中

監督
 フランク・ダラボン
原作
 スティーヴン・キング
出演者
 ティム・ロビンス
 モーガン・フリーマン
 ウィリアム・サドラ  他…

 

あらすじ

 ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディー・デュフレーンが、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも 逆らい孤立していたアンディーだったが、刑務所内の古株で“調達係”のレッドは彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。そんなアンディーが入 所した2年後のあるとき、アンディーは監視役のハドレー主任が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得 する。この一件を機に、アンディーは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる 存在になっていく・・・。

総評

 感動映画の金字塔。金曜ロードショーで放映されていたので鑑賞しました。

 冤罪で投獄されてもなお希望を失わない主人公のアンディと長年服役している受刑者レッドとの交流と獄中の生活を描く。調達屋であるレッドに徐々に心を開くアンディの描き方が非常に繊細でありながら、だれることなく二十年近い時をテンポよく描いています。

 特に印象に残ったのはトミーのシーン。穏やかにただ少し不安な空気感で進んでいた映画が、彼が殺害されるシーンで一気に物語が進み、終盤の展開へとつながっていきます。彼の死があってこそ、最後の逆転劇のカタルシスを大きなものへと変えていってくれました。
 「頑張って生きるか、頑張って死ぬか」だという一言がこの映画のテーマを物語っています。最後にアンディとレッドが抱き合うシーンは思わず涙がこぼれました。

 総じて人間賛歌を謳った評判にたがわぬ良作です。地上波の吹き替え版で見ましたが、大塚芳忠さんの吹き替えも非常に良かったです。是非一度ご鑑賞下さい。